内視鏡検査・簡易人間ドック・企業健診・在宅医療
東京都板橋区幸町23番7号
コモディイイダ幸町店別館1F
経鼻内視鏡(胃カメラ)をご存知ですか。
経口内視鏡が口から行うのに対して、経鼻内視鏡は鼻から行います。
経鼻内視鏡検査では以下のようなメリットがあります。
胃カメラは苦しくありません。
鼻から行う内視鏡検査は吐き気が起きにくい。
内視鏡が舌のつけ根を通らず、のどに触れない
ため、不快感や吐き気をほとんど感じません。
鼻から行う内視鏡検査は検査中に会話ができる。
検査を受けている人がモニターを見ながら話が
できるため、不安を取り除けます。
鼻から行う内視鏡検査は体への負担が少ない
内視鏡が細くスムーズに鼻に挿入ができる為
強い麻酔の必要がありません。
検査後、30分~1時間で日常生活に戻れます。
経鼻内視鏡(胃カメラ)が楽な理由

鉛筆より細い内視鏡で楽に
鼻から挿入する内視鏡の比較
  • 内視鏡は先端部が約5ミリという細さです。
  • 処置具用の2ミリの「鉗子口(かんしこう)」を備えて
    いるので、胃液の吸引や組織採取なども同時に行えます。
  • 超小型CCDを搭載しているため、医師の通常の
    内視鏡と同等の高画質で観察が可能です。
   内視鏡の極小化により、胃カメラのイメージは大きく変わりました。
   ●使用後の内視鏡は必ず専用の洗浄器を使用し洗浄・殺菌を行います。
熟練の経験医による検査で安心
当クリニックの院長は内視鏡検査の経験が豊富で消化器内科医長を
はじめ、人間ドック医長として臨床も経験しています。
楽な検査は最新鋭の設備のみでは決して実現できません。

※鼻腔や患者様の容態によっては、鼻からの挿入が難しい場合もあります。
鼻からの内視鏡検査の流れ

検査前日(内視鏡検査)
夕食は軽めに摂り、21時以降の飲食(水は除く)は避け、
早めの就寝を心がけましょう。
水以外の飲食はだめ
採血等の事前検査が必要な場合もあります。
検査当日の朝(内視鏡検査)
飲食(水は除く)、喫煙、薬の摂取は避けて下さい。
常備薬を服用されている方は、事前に医師にご相談下さい。
たばこ、コーヒー、ジュース、食事、おやつもダメ
検査前の準備(内視鏡検査)
胃の中をきれいにするため、白い液体の薬(消泡剤)を飲みます。
鼻の麻酔(内視鏡検査)
検査室に移動後、鼻の中に麻酔をします。
内視鏡検査
医師がモニターに映るお腹の中をすみずみまで観察します。
検査時間は5~15分程度です。
胃カメラは苦しくありません。
内視鏡検査後は
検査が終わったら身支度を整え、少し休んで下さい。
気分や体調がすぐれないときは、すぐに医師に伝えましょう。
おなかの健康ドットコム もっと詳しく知りたい方はこちらから
▲ページトップへ